お得でピッタリのVPNがわかる!>>

【2021最新版】海外でもVPNでVideoMarket(ビデオマーケット)を視聴できる!

たった月額790円のVPNサービス「ZEROGATE X」で海外でもVideoMarket(ビデオマーケット)を見ることができる!

※2021年04現在「ZEROGATE X」を使用して海外からVideoMarket(ビデオマーケット)を見ることができています。

\いつでも解約可!まずは無料体験/

VideoMarket(ビデオマーケット)のサービス内容をおさらい

App Store
Google Play

VideoMarket(ビデオマーケット)の3つの特徴

新作が多い

劇場上映から超スピードで最新作を多数配信しています。上映を見逃した作品をすぐに観ることができます。

作品数は240,000本

業界最大級の作品数で、ここでしか観られない、マイナー作品を多数配信しています。

超高画質再生

ビデオマーケット独自の高品質エンコード技術(UHQエンコード)により、高画質、高音質での視聴が可能です。

VideoMarket(ビデオマーケット)には2つのプランがある

VideoMarket(ビデオマーケット)月額500円(税抜)と980円(税抜)の2つのプランがあります。業界最大級の240,000本の作品を観ることができるのが特徴です。

500円プラン980円プラン
見放題
おすすめの方新作好き韓流・アジアドラマ好き
付与ポイント550p550p

【公式】ビデオマーケットの無料体験はこちら

付与ポイントとは?

  1. 新作のレンタルに使える
  2. 毎月付与
  3. ポイントを翌月に繰越できる

コレクション動画について

ビデオマーケットでは、NHKオンデマンドやTBS、海外映画サービスなどのオンデマンド動画配信サービスをビデオマーケットのプラットフォーム上で利用することができます。これは、見たい動画によってサイトやアプリを変更しなくて良いことがメリットです。

【公式】ビデオマーケットの無料体験はこちら

\いつでも解約可!まずは無料体験/

なぜVideoMarket(ビデオマーケット)は海外から利用できないのか?

日本国内限定サービスは海外から見ることができない
海外から利用できない理由
動画配信サービス、テレビの見逃し配信などのサービスは日本国内限定サービスとして提供しています。そのため海外からの利用に対して規制を行っています。

VideoMarket(ビデオマーケット)はVPN規制が「ない」

VPN規制(VPN接続後の利用に対する規制)
VPN規制とは?
VPN規制とは、海外からVPN接続後に利用することに対して規制することを指します。一部の動画配信サービスなどでは、このVPN規制を行っています。このVPN規制を行っているサービスに対して、共用IPアドレスのVPNサービスでは利用することがことができません。

その理由は、共用IPアドレスでは同じIPアドレスで多くの利用者が接続するため、そのIPアドレスがVPNサーバーからの接続と判断されブロックされるためです。

VPN規制がなければたった月額790円の「ZEROGATE X」で海外でもVideoMarket(ビデオマーケット)を見ることができる!

\いつでも解約可!まずは無料体験/
タイトルとURLをコピーしました